当社で活躍する警備員スタッフstaff interview

廣瀬未紗Misa Hirose

東京本社
警備事業本部
警備歴2年

転身、警備員はじめました

施設警備の仕事を始めてもうすぐ2年になります。前職は駅ナカで惣菜の販売をしていましたが、休みが取れなくて疲れもたまっていたので転職を考え、人と関わることができ、しっかり休める仕事を探していて「オフィス警備」の求人を見つけました。警備の経験もないので「受かればいいな」ぐらいの気持ちだったので、採用が決まったときは自分でも驚きでした。

転身、警備員はじめました転身、警備員はじめました

人の笑顔が、やりがいです

施設警備の主な仕事は、エントランスで立哨したり、管理室でモニターを見て、敷地内に出入りする人や車の監視をすることです。監視というと高圧的に聞こえますが、相手に声をかけるときは丁寧に接することが、自分の身を守ります。警備の仕事をしてみると、想像以上に人と関わることが多く、前職の接客業との共通点がありました。朝、出勤される社員さんに挨拶すると、にっこり笑って返してくださる方もいて、人の笑顔を見ることが好きな私にはやりがいのある仕事です。

人の笑顔が、やりがいです人の笑顔が、やりがいです

女性がトクする施設警備の仕事

警備員は黙って立っているだけではありません。受付スタッフが帰ったあとは、受付に座って来客のご案内や電話対応をします。敷地やオフィスの巡回もあります。社内に残っている社員さんに退出予定の時間を聞いたりもします。女性トイレの巡回は女性の警備員のほうが安心してもらえているようです。夜の巡回やイレギュラーな対応をしたときには、ねぎらいや感謝の言葉をかけもらい、お菓子のおすそ分けをいただけるのは女性警備員の特権でしょうか。

しっかり休んで、定時に上がる

私の配属先は都内の企業本社ビル。とても立派なオフィスです。警備はベテランの先輩隊員と3人体制で、朝番、中番、遅番をローテーションしているので、平等なシフトでカレンダーどおりに休むことができます。前の職場では休みを無理やり取っていましたが、ここでは苦労せずに取ることができます。12月に香港へ旅行して、お正月は実家に帰ることができました。仕事帰りに友達と食事に行く機会も増えました。

しっかり休んで、定時に上がるしっかり休んで、定時に上がる

キステムの良さは、人の良さ

キステムという会社も好きです。本社スタッフは相談しやすく、要望を聞いて対応してくれるので安心して働けます。私が入社することが決まったら、着任する企業と交渉して女性隊員専用の休憩室を用意してくれました。年2回、本社にすべての隊員が集まって研修をします。施設警備の隊員はおとなしめですが、交通誘導の隊員はみなさん元気。大らかで話しやすい人が多くて、居心地のいい会社です。

施設警備のエキスパートを目指して

女性といえども警備員は、警報が鳴ったら現場へ駆けつけて、オフィスで働く人たちの安全を守るために率先して行動をとらなければなりません。制服のスーツを着たら気持が引き締まります。東京都警備協会が実施している施設警備業務の検定試験に合格すると、守備範囲が広がって昇給もあります。スキルアップして、長くこの仕事を続けていきたいです。

キステムだから安心して働ける理由キステムだから安心して働ける理由

キステムの多彩な仲間たちmembers キステムの多彩な仲間たち